置き換えダイエットの基礎知識

置き換えダイエットは運動なしでできる?有酸素か筋トレをするならどっち

置き換えダイエット 運動

 

ダイエットという言葉を聞いてまず一番最初に脳裏をよぎるのは、スポーツジムでランニングマシンで頑張って走っている人という人も多いかと思います。

 

確かに運動はダイエットするうえで非常に効果的ではあるんですが、やはり時間や場所はある程度限定されますし怪我などのリスクもあります。

 

そのため当サイトでは朝・昼・夜の食事の一部を違う食品に変える置き換えダイエットをおススメしていて実際に効果も出やすい方法になっています。

 

そこで今回は気になる置き換えダイエット

置き換えダイエットは運動なしでできるか?有酸素か筋トレだと?

についてまとめてみたいと思います!

 

置き換えダイエットは運動なしでできるか?

 

置き換えダイエット 運動

置き換えダイエットは食事のカロリーを栄養分豊富な特定の食品と置き換えてカロリー摂取を抑えるダイエット方法です。

 

メリットとしては食事を置き換えること以外は生活スタイルを変えることなく行え、誰でも年齢や性別を問わず簡単に行えるダイエット法で近年人気を獲得しています。

 

そんなお手軽な置き換えダイエットなんですが、どのくらい痩せるのかというと1食あたり約300kcalから400kcal減になるので

 

1か月に約-1.5kgぐらいは無理なく達成できこれはもちろんきつい運動などを一切しなくても可能です。

 

なので結論としては

置き換えダイエットは運動なしでできる!

のは間違いありません。

 

ただ当然運動することで置き換えダイエットを補助的に助ける効果はあります。

 

特に下の3つの点で有効なので順番に見ていくと

  1. カロリーの消費量アップ
  2. 基礎代謝力アップ
  3. 健康的なボディを手に入れることができる。

 

カロリーの消費量アップ

 

通常のダイエットと同じようにカロリーの消費量をあげることは当然痩せることにつながっていきます。

 

その際に消費できるカロリーですがその人の年齢性別が大きく関わってくるんですがランニングだとだいたいの計算式で

カロリー消費量(kcal)=体重(㎏)×距離(km)

から割り出せます。

 

例えば体重60kgの人が5km走ると 60×5=300kcalになりますね。

 

この数値が置き換えダイエットで減らす分に加算されるので無理なく週一で行うだけでも減量ペースは何もしないより早くなります。

 

基礎代謝力アップ

 

運動をして筋肉がついてくると日常生活を全く変えずにしていても基礎代謝力が上がるのでより多くのエネルギーを使うことになります。

 

この基礎代謝力は20歳をピークに加齢とともにどんどん落ち込んでいくので同じような食生活でも代謝が悪くなっており太ってしまうケースが多いです。

 

なのでやはり年齢とともに食事の量や質・運動量などは若い頃に比べて気を使う必要がなりここを怠ると、若い頃は痩せていたのに・・・ということになります。

 

この基礎代謝力は女性の場合はどうしても男性と比べて基礎代謝力が低くなるので筋トレなどをしてアップさせることでダイエットにつながります。

 

筋肉がついてしまわないか気になる人もいるかと思いますが、方法をしっかりすればムキムキになることなく引き締まった身体になるので心配ありません。

 

健康的なボディを手に入れることができる。

 

置き換えダイエットは運動なしで体重を減らすことができるのですが、もう一歩ステップアップすると身体のボディラインなども同時に改善したい人には運動はおススメです。

 

どうしても健康的なヒップラインや引き締まった健康的な引き締まったボディというのは食事だけでは出せず運動することで手に入れることができます。

 

運動といってもマシントレーニングなど本格的な方法ではなく自宅でお手軽にできるものもあります。

 

 

置き換えダイエット中の運動は有酸素か筋トレだと?

 

置き換えダイエット 運動

運動なしでも置き換えダイエットは可能ですが、もしさらなる効果を考え運動も取り入れると有酸素運動や筋トレどちらが相性がいいか見てみます。

 

まず有酸素運動というのはあまり雲合強度を上げず軽度または中程度の負荷をかけ心拍数を最大心拍数の85%未満で行う運動になります。

 

具体的にはジョギング、自転車、ウォーキング、水泳、エアロビなどが該当します。

 

これに対して筋トレは広い意味があるんですが筋肉に刺激を与え、基礎代謝が高まることで脂肪燃焼効率が上がることなどでダイエットには作用します。

 

そこで置き換えダイエットには有酸素運動と筋トレのどちらがいいかのというと

筋トレをおすすめします。

 

理由としてはカロリー消費量でいうとまず有酸素運動を筋トレと比べた場合時間に同じカロリーを消費しようとすると約3倍の時間かかってきます。

どうしても効率的に運動しようとすると筋トレのほうが向いています。

 

そして、リバウンド対策にも筋トレをして基礎代謝力をあげているとしっかり防止になります。

 

ただ有酸素運動をするのが置き換えダイエットをしている時にマイナスになるといったことは一切ないのでもしジョギングが趣味という人がいれば

そちらで行ってもいいので好みの部分でもあります。

 

まとめとして

運動なしでも行うことができる置き換えダイエット。しかし、痩せた後の事なども考えると運動することはけっして意味のないことでなくプラスになります。

置き換えダイエットの最中に筋トレも同時に行うと痩せると同時に美ボディも手に入れることができるので余裕があればトライしてみてください。

 

→更なる置き換えダイエットの情報はこちらより!