置き換えダイエットプロテインの疑問解消!

【置き換えダイエット】プロテインよりプロテインバーを使うメリット・デメリットを検証!

身体に負担をかけず健康的にダイエットができる!と評判の置き換えダイエット

その中で気になるのがやはり食事の代わりに置き換える飲食物で、どの商品を選択するかによって難易度や継続性が変わってきます。

おすすめなのがタンパク質もしっかり摂れ空腹感も感じにくいプロテインなんですが、最近では固形タイプのプロテインバーにも注目が集まっています。

よくスポーツジムやドラックストアで見かけたり、最近ではスーパーでも普通に目にすることができ購入も簡単ですね。

ただ栄養価の高いプロテインと比べてどのような違いがあるか気になるところです。

そこで今回の記事では

置き換えダイエットでプロテインよりプロテインバーを使うメリット・デメリットを検証!

について注目していきたいと思います!

置き換えダイエットでプロテインバーを使うメリット

置き換えダイエット プロテインバー

まず置き換えダイエットでは食事のカロリーを特定の飲食品に置き換えることで日々の摂取カロリーを抑えていくのがコンセプトになります。

例えば日本人の朝食は人によりますが400~500キローカロリーで、そこを100キロカロリー以下にする生活を数ヶ月続けると-5kgは現実的な数字で大変なことではないです。

私自身も朝食や昼食を粉末状のプロテインで水や牛乳で溶かすスタイルでダイエットに成功しました。

ただプロテインバーも良いという評判なので短期間試してみたメリットを挙げていきます。

空腹感が抑えられる

やはり飲んで摂取するプロテイン置き換えダイエットは、特に初期の頃は空腹感を感じてしまい、慣れるまでに1週間ぐらいかかってしまいます。

ただプロテインバーだとしっかり食べた気分になります。

間食への誘惑はプロテインよりプロテインバーの方が抑えることができるのは確かにありました。

 

摂取・持ち運びが便利!

プロテインバーは色々な種類があるんですが、一本づつ分かれている商品がほとんどで持ち運ぶのは便利といえます。

例えば昼食で置き換えダイエットに取り組んでいるなら、バックに入れておくだけでいいのでスペースもかさばりません。

プロテインですとどうしてもシェイカ―に入れていざ飲む時には水などとと混ぜる手間があるので携帯性という意味では優れていますね。

 

味の種類が多い

最近ではプロテインバーも各社が本格的に販売を開始し選択肢が月ごとに増えている状態です。

そのため味も豊富で私が好きなのはプロテイン ベイクドチョコ

森永製菓から発売されているベイクドチョコでほとんど味はスイーツでダイエット中でもチョコ断ちは厳しい(笑)という人におススメです。

もちろん甘さは控えめでビターチョコレートのような味わいですがおいしさは抜群です。

他にもたんぱく質の量を重視するならマイプロテイン プロテイン ウエハース のような商品もあり

 

 

タンパク質が15gと他のプロテインバーより明らかに多い商品もあるのでダイエットを実践している人にとっては嬉しいところです。

 

置き換えダイエットでプロテインバーを使うデメリットを検証!

 

では逆に置き換えダイエットでプロテインバーを使うデメリットを見ていきます。

カロリーが若干高い

置き換えダイエットにおいては運動することは必須ではなく、日々の摂取カロリーを減らすことでダイエットにつなげていきます。

夕食で700キロカロリーの食事をしていた人だと低カロリー商品に置き換えるだけでしんどい思いはせずに減量できます。

プロテインバーは商品によって120~200キロカロリーで十分基準を満たしているんですが、やはりプロテインに比べれば効率は悪くなります。

例えばこちらのジェシカズ・フォーミュラーという女性向けのプロテインだと

ジェシカズ・フォーミュラ

1食あたり36.9キロカロリーになり女性のお肌や髪など美に関係するタンパク質の含有量はそこまで大差ありません。

プロテインとプロテインバーで1日100キロカロリーの差だと、1ヶ月では3,000キロカロリーの違いになります。

女性ですとだいたい6500キロカロリーで1kg痩せるので1ヶ月で0.5㎏のダイエットにおける効率差がでてきます。

 

タンパク質の量が多くない

もともとプロテインバーはタンパク質の補給という意味より栄養補助食品として活躍してきました。

そのためご飯の代わりにしっかり栄養補給ことに向いています。

プロテインはタンパク質の摂取が目的なので、どうしても比較してしまうと先ほどのカロリーの話にもつながりますがプロテインバーは脂質や糖質も多くカロリーが高くなります。

カロリー数に対してタンパク質の量はプロテインと比べると多くありません。

まとめとして

実際に使ってみても感じましたが、プロテインバーにはメリットもありますがデメリットもあります。

値段的にはどちらも1食100円前後で他のダイエット方法と比べても優れていて、ダイエット成功例やリバウンドする可能背も低いです。

もしどうしようか迷っているなら上手く併用して(平日はプロテイン、休日はプロテインバー)始め、あなたに合ったスタイルを見つけてください。

女性のダイエットをサポートしてくれるプロテイン・『ジェシカズ・フォーミュラ』はこちら↓

ジェシカズ・フォーミュラ